30代でも男女問わず、薄毛対策が必要です!

30代からスタート!薄毛対策!

薄毛の症状が気になり始めた途端、視力の低下も気になるようになる?!

ネットでは、「薄毛の症状が気になり始めた途端、視力の低下も気になるようになった。」と言うようなコメントが多いようですね。

しかも、公共の掲示板では髪の毛も口も、顔の中にありますよね。
だからこそ、口の中の問題は頭皮にも通じているようで、心配になる方も多いでしょう。
確かに、髪の毛も口も、私たちの体の一部であって血液の通っている場所です。
虫歯になると何が薄毛を引き起こすのかと言うと、血行不良です。
虫歯の経験のある方は多いでしょうが、その時に虫歯のある歯を避けてものを食べませんでしたか。
どうしてもその歯が必要な時には、噛みにくいながらも仕方なく使うこともありますよね。
実は、この噛みにくさは血管の緊張に繋がり、顔の血行を悪くしてしまうようです。
顔の血行が悪くなると言うことは、心臓を基準にした時に口以上に遠くにある頭皮にはもっと血液が流れにくいことになります。
血液の流れにくい頭皮は、髪の毛の生成に必要な栄養や酸素を十分に供給することが出来ません。
なので、髪の毛が生えてきたとしても、細くてすぐに抜けてしまうような毛です。
こんな髪の毛が生えてきたところで、成長期を全うせずして抜けてしまうので、全体に対する休止期の髪の毛がどんどん増えてしまいます。
それから、虫歯で血行不良が起こりやすい原因には、虫歯や治療の痛み、医者に通わなければいけない厄介さなどのストレスが挙げられます。
ストレスの影響は軽視されやすいのですが、実際にはホルモンバランスを崩したり血行を悪くしたりなど、健康面において色々な悪影響を及ぼしますよね。
最近では、大きなストレスによる影響で体調を崩し、精神科を訪れる人が年々増えているようです。
楽しく生活することだけがストレスフリーのように思われがちですが、実は健康的な生活を送ることも物凄く大切なんですよね。
何らかの痛みや苦しむを抱えることは、ストレスになります。
髪の毛と健康は、血行が関係している分関連性のあるものです。
薄毛対策と健康対策は基本的には同じものなので、歯を大切にすることも同じように大切なこととして、毎日の歯磨きはしっかり行いたいものですね。、「薄毛と視力は関係ありますか?」と言う質問も多く見かけます。

それだけ「薄毛と視力は関係あるのではないか?」と考えている方が多いと言うことなのかも知れませんね。
でも、「薄毛と視力は関係ありません。」ときっぱりした答えも結構あります。


その答えの理由としては、「薄毛には男性ホルモンが関係しているが、視力には男性ホルモンは関係していないから。」と言う意見が中心でした。

確かに、視力に男性ホルモンが関係しているなんて言うことは、聞いたことはありませんよね。
ただ、視力の低下は女性の場合は産後とか生理の時に、ホルモンバランスの変化による疲労で低下してしまうことはあります。
男性ホルモンの影響も、全く視力には影響しないとは言い切れません。

もし薄毛と視力低下の症状が同時に起こったのであれば、少なからず何らかの関係はあると考えたくなりますよね。
男性でも女性でも、ストレスや疲労でホルモンバランスを崩すことがあります。

これが薄毛にも視力にも表れていることもあるかも知れませんね。

男性ホルモンが全く関係しないにしても、薄毛の原因は血行不良や栄養不足など他の部分にもありますよね。
視力の低下にも、血行不良や栄養不足が関係することがありそうですよね。
視力が悪くなると、ブルーベリーのサプリメントを摂取している方も多いですし、栄養状態は視力にも必要だと思われます。
とは言っても、薄毛に効果的な栄養はブルーベリーではないので、食事制限で全体的な栄養が不足しているのかも知れませんね。

あるいは、血行不良で頭皮や目に十分な栄養が供給されないことも考えられます。
このように考えると、薄毛と視力は全く無関係のものだとは言い難いのではないでしょうか。
髪の毛と目は、近くに位置しているものですし。
Copyright (c) 2014 30代でも男女問わず、薄毛対策が必要です! All rights reserved.