30代でも男女問わず、薄毛対策が必要です!

30代からスタート!薄毛対策!

口の中の問題は頭皮にも通じているのか?

髪の毛も口も、顔の中にありますよね。

だからこそ、口の中の問題は頭皮にも通じているようで、心配になる方も多いでしょう。
確かに、髪の毛も口も、私たちの体の一部であって血液の通っている場所です。

虫歯になると何が薄毛を引き起こすのかと言うと、血行不良です。
虫歯の経験のある方は多いでしょうが、その時に虫歯のある歯を避けてものを食べませんでしたか。


どうしてもその歯が必要な時には、噛みにくいながらも仕方なく使うこともありますよね。
実は、この噛みにくさは血管の緊張に繋がり、顔の血行を悪くしてしまうようです。
顔の血行が悪くなると言うことは、心臓を基準にした時に口以上に遠くにある頭皮にはもっと血液が流れにくいことになります。


血液の流れにくい頭皮は、髪の毛の生成に必要な栄養や酸素を十分に供給することが出来ません。
なので、髪の毛が生えてきたとしても、細くてすぐに抜けてしまうような毛です。
こんな髪の毛が生えてきたところで、成長期を全うせずして抜けてしまうので、全体に対する休止期の髪の毛がどんどん増えてしまいます。

ストレスが関係している?!


それから、虫歯で血行不良が起こりやすい原因には、虫歯や治療の痛み、医者に通わなければいけない厄介さなどのストレスが挙げられます。
ストレスの影響は軽視されやすいのですが、実際にはホルモンバランスを崩したり血行を悪くしたりなど、健康面において色々な悪影響を及ぼしますよね。
最近では、大きなストレスによる影響で体調を崩し、精神科を訪れる人が年々増えているようです。

楽しく生活することだけがストレスフリーのように思われがちですが、実は健康的な生活を送ることも物凄く大切なんですよね。

何らかの痛みや苦しむを抱えることは、ストレスになります。
髪の毛と健康は、血行が関係している分関連性のあるものです。

薄毛対策と健康対策は基本的には同じものなので、歯を大切にすることも同じように大切なこととして、毎日の歯磨きはしっかり行いたいものですね。
Copyright (c) 2014 30代でも男女問わず、薄毛対策が必要です! All rights reserved.